山はいいなあ  >  三浦・横浜  >  三保市民の森

三保市民の森周辺 (1)

2021年8月11日(水) 今回も3日分をまとめて掲載する。いずれも三保市民の森の中ではなく、その周辺部で見つけた生きものたちだ。三保市民の森の中は、煩わしい小虫が多すぎるので、しばらく敬遠する。今、小型のシャチホコガがたくさん発生している。ツマキシャチホコの仲間で、よく似た3種が見られるが、見分け方を覚えれば、容易に判別できる。同属のモンクロシャチホコも多く見られる。ツヤアオカメムシが灯火にたくさん集まるようになった。その交尾態もよく見られる。次いでキマダラカメムシが多い。マユタテアカネの成熟個体がめっきり増えた。副性器の有無を見なくても、ほとんどの個体の性別が判る。アオモンイトトンボの、オスとは色の異なるメスを探したが、見つからなかった。



 (31) <<  三保市民の森 >>  周辺(2)


©2021 Oda Family  All Rights Reserved.