山はいいなあ  >  中信  >  美ヶ原

美ヶ原

広々とした美ヶ原

美ヶ原を歩く

標高2000mの広々とした草原に、色とりどりに咲く山野草の花。ここは蜜を求めてやってくる蝶や蜂たちの楽園でもあります。

頂上に電波塔が林立し、大きなホテルも立つ美ヶ原ですが、日本百名山に選ばれています。

駐車場 信州ビーナスライン → 山本小屋 登山口

地図 地理院地図: 美ヶ原

天気 美ヶ原の天気: 美ヶ原 , 王ヶ頭


コース & タイム 駐車場 山本小屋 8:55 --- 9:12 美しの塔 9:17 --- 9:54 王ヶ頭(美ヶ原最高点) 10:08 --- (アルプス展望コース ) --- 10:40 烏帽子岩 10:45 --- 11:22 塩くれ場 11:22 --- 11:40 山本小屋 駐車場
※歩行時間には小休止の時間が含まれています。
美ヶ原 うつくしがはら:標高 2034m グループ 2012年7月29日 全 2時間45分 満足度:❀❀❀ ホネオレ度:

段落見出し常念岳から撤退

7月28日、山仲間と共に北アルプスの常念岳を目指し、一の沢から入山しました。しかし、故障者が出たため、烏帽子沢まで進んだところで、撤退を決断。慎重に下山し、その晩は蓼科の温泉に宿泊することに。翌日はあまり無理なく歩けるようにと、美ヶ原に目的地を変更しました。

段落見出し美ヶ原へ

翌朝、信州ビーナスラインをぐんぐんと走行し、午前9時少し前、山本小屋駐車場に到着。天気も良さそうなので、リュックを車において、各自飲み物だけ持って出発です。私は、応急薬品、登山用小物、水など、最低限の携行品を持ちました。

歩き始めるとすぐに、ハクサンフウロやウツボグサなどの山野草が目に付きます。一度にこんなにたくさんのハクサンフウロを見れるのは、さすが、美ヶ原だと感嘆します。蝶類も目立ちます。フワフワと優雅に飛ぶアサギマダラ、ピューっとツバメのように飛ぶイチモンジセセリ、テフテフとのどかに飛ぶモンキチョウなど、平地でも見られる蝶たちですが、標高2000mの高原の蜜園を満喫しているようです。

牛の放牧用の柵に沿って、山頂の王ヶ頭(おうがとう)に向かったのですが、坂道で後から来た自家用バスに追い抜かれるとき、真っ黒な排煙を吸い込んでしまいました。山頂に向かうのなら、「塩くれ場」から「アルプス展望コース」を歩くのがお奨めです。私たちは帰路にこのコースを歩きました。アルプスは残念ながら雲に隠れて全く見えなかったのですが、コウリンカ、ウスユキソウ、エゾカワラナデシコ、キバナノヤマオダマキなどの山野草を十分に楽しめました。

段落見出し美しの塔

塩くれ場の近くに、遭難者の石碑が立っています。晴れ渡った日には、とても遭難など考えにくい、のどかな美ヶ原です。でも、広大な野原で濃霧に包まれたり、吹雪に見舞われたときは、方向を見失うことも十分にあり得そう。美しの塔の鐘は、むやみに打ち鳴らすべきものではないと、私は思います。

木の葉ライン

↓ 紙芝居

サムネイル 00 サムネイル 01 サムネイル 02
サムネイル 03 サムネイル 04 サムネイル 05 サムネイル 06 サムネイル 07 サムネイル 08 サムネイル 09 サムネイル10 サムネイル 11 サムネイル 12 サムネイル 13 サムネイル 14 サムネイル 15 サムネイル 16 サムネイル 17 サムネイル 18 サムネイル 19 サムネイル 20 サムネイル 21 サムネイル 22 サムネイル 23 サムネイル 24 サムネイル 25 サムネイル 26 サムネイル 27 サムネイル 28 サムネイル 29 サムネイル 30 サムネイル 31 サムネイル 32 サムネイル 33 サムネイル 34 サムネイル 35 サムネイル 36 サムネイル 37 サムネイル 38 サムネイル 39 サムネイル 40 サムネイル 41 サムネイル 42 サムネイル 43 サムネイル 44 サムネイル 45 サムネイル 46 サムネイル 47 サムネイル 48
サムネイル 49 サムネイル 50 サムネイル 51


©2012 Oda Family  All Rights Reserved.